水のトラブルはトイレが一番多い

水のトラブルはトイレが一番多い 水のトラブルは日常生活の中でも比較的身近なものです。その理由は生きていく上で水が必ず必要だからです。料理やお風呂、トイレ、すべてのことで水を使います。基本的にどの場所もすぐに壊れてしまうものではありません。数年置きのメンテナンスをしていても、何が原因でトラブルに見舞われるか分かりません。今回は水トラブルでもっとも多いと言われるトイレについて紹介します。



■トイレのトラブルが一番多い

水回りのトラブルは、どの家庭でも必ず一度は遭遇すると言っても過言ではないほど身近なものです。その中で、もっとも多い水のトラブルはトイレだと言われています。トイレは使用頻度が高いながらも、なかなかメンテナンスを行わない部分だからです。家庭によっては定期的なメンテナンスをしているところもあるかもしれません。ただ、すべての家庭が行っているかと聞かれると疑問を感じてしまう部分があるのも事実です。

■トイレトラブルの前兆とは
トイレトラブルはいきなりやってくると考えている人もいますが、よく見ていれば前兆があります。トイレの排水管が詰まりかけている時は、溜まる水の水位が高くなります。排水が上手くいかないため、普段よりも水位が高く感じたら、異物か何かが詰まっていないかを確認しましょう。
水を流した時にゴボゴボと音がしたり、水が滴る音が聞こえたら排水管に問題が起こっていると見られます。ゴボゴボと音がしている時は異物が詰まっている可能性が高く、水が滴る音が聞こえる場合は排水管が破損している可能性があります。異物の詰まりはラバーカップなどで対処できるのですが、排水管の破損は素人に修理ができないので、トイレ修理の業者に見てもらいましょう。
水流が少ない場合はタンク内の異常です。一般的にはゴミの詰まりが考えられますが、フロートや給水管の破損の可能性もあるので、自己判断はせずにトイレ修理業者に相談をしましょう。素人が修理をしても、一時的に改善される場合もありますが、根本的な改善になっていないことも多いようです。前兆が訪れた場合はなるべくトイレ修理業者に頼んでみてはいかがでしょうか。トラブルの度合いによって料金なども変わってくるので、前もって軽く聞いておくと安心です。

■トイレトラブルの予防対策とは

トイレトラブルの原因として節約があります。節水をして水道料金を下げようとする努力をしている一方で、トイレットペーパーなどが途中で詰まってしまう、尿石が出来てしまうなどあまり良いことはありません。節約が原因で大きな修理費用が掛かってしまう可能性もあるので、やり過ぎは控えた方がいいでしょう。
トイレに関しては、溶けないティッシュペーパーを流す、異物を落とすなどがトラブルの原因となっていることが多いです。特に幼い子供は何かしらを持ってトイレに行くこともあるため、トイレのトラブルに繋がらないように注意しましょう。



■まとめ
トイレのトラブルは、水が流れなくなったものや逆に溢れてくるものなどさまざまです。何も起こっていない時は、対処方法などをしっかり覚えていても、いざトラブルに直面するとシミュレートしていた対処方法などは頭から飛んでしまいます。そのためパニックになって対処方法を間違えてしまう人も珍しくないのです。自分で対処できるのであれば、修理に取りかかってもいいのですが、多少知っている程度では素人同然です。下手に触ってしまうことで余計に悪化させてしまう可能性も否めません。簡単な異物排除であれば、ラバーカップなどホームセンターで販売されているアイテムで何とかなりますが、試してみて改善の傾向がない場合は無理せずトイレ修理業者に依頼した方が早く直ります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース